FC2ブログ

Entries

ムンバイにいます - インド門再び



いつもなら1週間のヨーロッパ出張が終わると、おとなしく日本に戻るのだけど、、
今回はフランクフルトからムンバイに来てます。土曜日昼のフライトでフランクフルトを
出発して、ムンバイについたのが日曜日の午前2時。午前中は仕事して、午後から街を
歩きました。

ムンバイに来た目的は、いま日本のIT会社の証券アナリストをしていて、インドの
IT会社の影響力は低賃金かつ高い品質を武器に日本での存在がますます高まっていること。じゃあ、これからどうなるかということを調査するのが目的。日・月とムンバイで火曜日は
バンガロールという予定です。

実は、ムンバイは人生で2度目。最初は2004年2月4日、博士2年生のとき世界青年の船というプログラムで船で入港して以来、2度目。当時は、まさか4年後にスーツ着て再びムンバイに行くとは夢にも思ってなかっただけに、人生何が起こるかわからないから面白い。

4年前の最初のムンバイ訪問は政府がスポンサーをしているプログラムの関係で施設の訪問が主であまり街をみる時間はなかったけど、おぼろげな記憶と比較しても4年前と現在とは
それなりに変わってきていると思う。

大きな変化は、インド人の生活水準が上がってきていると感じたこと。感覚としては、4年前は
バイクと自転車が多かったけど、今回街をみてみて自動車がえらく増えている、
とくにスズキの自動車がこれでもかってくらいに街に溢れているのが印象的でした。
あとは、ファンド(Fidelity,INGなど)の広告がえらい多かったこと、4年前は注意して見てい
なかったから比較しようがないけど、生活が豊かになる→余剰資金を投資に回すという
ニーズがそれなりにあるんだと思う。

でも、変わっていないのが、カオスな雰囲気。宗教はムスリムからヒンズー教、店ではルイ・ヴィトンがあるすぐ脇にはお釣りも返さないローカルな衣服店があったりなどなど。
”併せ呑む”という言葉が本当にこの国にはよく似合う。毛嫌いする人も多いけど、
好きです、この雰囲気。それと、ムンバイは建設ラッシュ、あちこちでいっぱい建物が建っていました。この国の成長していく姿をこれからも定期的に定点ウォッチしようと思います。


最後に、この写真は4年前の船で来たとき(右)と今日(08年2月24日、左)の写真です。最近、マラソン
やっているので、前とくらべてちょっと痩せたかもね。
インド門でしばし佇みながら、4年前、船でムンバイに入港したこと、その後インドの参加者にローカルな市場に連れられて、出航の門限スレスレで戻ったこと、などなどがつい昨日のことのようによぎりましたTime flies like an arrow.


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://bemasterof.blog24.fc2.com/tb.php/13-d6d5fb1b

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

kengo

Author:kengo
コンセプト:
①ブラックボックスとしてのITを解きほぐす:どんどん便利になっていくIT、便利になる反面、ブラックボックスになっているもの事実。ブラックボックス化しつつあるITを解きほぐしていきます。

②エンジニアのためのファイナンス:ファイナンスは企業全体を見るツールとしてとても重要。企業そしてビジネス全体をどう見ていくか、そんな情報を提供します。

③映画・書評:IT・ビジネス系の書評、見た映画についてつづっていきます。

メールはこちらまで




Disclaimer
このBlogは長橋賢吾の個人的な考えを掲載したものであり、長橋賢吾が所属ないし関係する機関、組織、グループ等の意見を反映したものでありません。

MicroAd

FC2アフィリエイト

旅ポケドットコム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセス解析

reviewplus