FC2ブログ

Entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://bemasterof.blog24.fc2.com/tb.php/179-949998bb

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

経営予測エイジ 2009/9月号

レビュープラスさんから「経営予測エイジ2009/9月号」をご献本いただきました。

レビュープラスの登録は、下記からできます。
レビュープラス




 経営予測エイジは、「週刊エコノミスト」、「財界」といった経済紙から「IT&家電ビジネス」、「Mac Fan」といったIT雑誌、さらには、「AERA」、「DIME」など幅広いジャンルのなかから、1~2ページに要約して、提供している雑誌だ。

 今回初めて読んでみて、良い点は、はずれがないこと。普通、雑誌の場合、20%くらいはあたりだけど、残り80%は、はずれあるいは広告で真面目に読まない。一方、経営予測エイジは、各メディアの中から選りすぐりの記事を上手く編集しているのではずれがない。どれを読んでもなるほどと思わせる記事ばかりだ。
 もう一つの特徴は、要約が上手いと思う。自分も毎月、2ページのコラム(株価から見るIT企業の強みと弱み)を書いているけど、2ページ(原稿用紙6枚=2400字くらい)に要旨をまとめるのはすごく難しい。ひるがえって、この雑誌の場合、2ページに著者が主張したいことがとてもよくまとまっている。


 一方、気になった点は、どういった切り口(狙い)で、これらの記事を抜粋したのか?ということ。
自分の場合、「タウンページは必要か」のエントリーで指摘していているように、ほとんどの調べ物はWebで完結できているので、Webに載っている内容だったら雑誌で買う必要はないと思っている。一方で、、編集力 - PC Worldとアスクルにあるもので指摘したように、わざわざUSからコンピュータ雑誌を購読している、この理由は、この雑誌の切り口が面白いから。たとえば、今月号(09年10月号)の特集は、「Can You Trust Free Antivirus Protection?」。シマンテック・トレンドマイクロが新製品をリリースするなか、あえて(?)、顧客の視点に立ってフリーアンチウィルス製品を持ってくる、この切り口の面白さ=編集力に自分はその対価を払っている。
 

 逆に考えれば、経営予測エイジはあえて切り口を示さずに、厳選された素材の提供、すなわち、経営に必要な判断材料を提供してくれているとも言えるだろう。国内、国際の政治経済情勢、さらには、分野別のトレンド、さらには過去の索引まで、カバーする範囲は広い。広い視野から判断材料を提供してくれるという点では一読の価値はある。




この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://bemasterof.blog24.fc2.com/tb.php/179-949998bb

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

kengo

Author:kengo
コンセプト:
①ブラックボックスとしてのITを解きほぐす:どんどん便利になっていくIT、便利になる反面、ブラックボックスになっているもの事実。ブラックボックス化しつつあるITを解きほぐしていきます。

②エンジニアのためのファイナンス:ファイナンスは企業全体を見るツールとしてとても重要。企業そしてビジネス全体をどう見ていくか、そんな情報を提供します。

③映画・書評:IT・ビジネス系の書評、見た映画についてつづっていきます。

メールはこちらまで




Disclaimer
このBlogは長橋賢吾の個人的な考えを掲載したものであり、長橋賢吾が所属ないし関係する機関、組織、グループ等の意見を反映したものでありません。

MicroAd

FC2アフィリエイト

旅ポケドットコム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセス解析

reviewplus

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。