FC2ブログ

Entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://bemasterof.blog24.fc2.com/tb.php/182-b0f92817

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

株式にっぽん 2009-10-2発売号【書評】

レビュープラスさんから「株式にっぽん 2009-10-2発売号」をご献本いただきました。

レビュープラスの登録は、下記からできます。
レビュープラス




 正直に告白すれば、この手の株式雑誌は敬遠していた。というのも、かつて証券アナリストをしていたこともあり、株価はどちからといえば、テクニカルな要因ではなく、ファンダメンタルズで中長期的に動くだろうという見方を持っていた。一方、株式雑誌は毎月、あるいは、株式新聞では毎日。。。、発売されるので、こうした中長期のファンダメンタルズではなく、テクニカルな要因であるとか、株式評論家がこの株が良いからとか、これを買えば儲かること間違いなし、という根拠のない推奨に辟易していた。

 こうした先入観があったのものの、「株式にっぽん」を読むと、たしかに、テクニカル的な記事も多いが、それ以上にファンダメンタルズを真正面からとらえている記事がびっくりするほど多い。たとえば、以下だ。

1.需要構造の変化で持続的な成長を実現、ホクトは3割高コース入り:
  キノコ大手メーカーホクトがなぜ増産と価格安定を両立できるか、構造的な要因から分析

2.光が当たり始めたHDD感れ株:
  PCの出荷台数の上向きからHDD関連株をフォーカス

 機関投資家向けのレポートに比べたら、内容のディープさは紙面の都合から浅くならざるを得ないけど、浅いなりにも何が起きているのか、シンプルにまとまっている。さらに、単なる株の動きではなく、その会社にどういう構造変化が起きているのか、言及されているので、単なる株レポート以上の深みがある、印象としては日経ベリタスの企業レポートに匹敵するくらいのディープさがあると思う。

 「株式にっぽん」を購読したのは今回が初めてだが、今後もこうした深いファンダメンタルレポートを提供してくれるのであれば、購読する価値はあるだろう。こうした良質な株式雑誌が日本の投資コミュニティの底上げに寄与すると思えば、これからも応援していきたい。

 最後に、雑誌の内容とは関係ないものの、Fujisan.co.jp経由のデジタル雑誌購読だっただけれども、これがわかりにくい。一番わかりにくいのは、クーポンを入力するところがあるけれども、クーポン番号が間違っても、エラーがでないこと。だけど、間違っているので先に進まない。おそらく、Fujisan.co.jp側のエラーハンドリングにあると思われるけど、余計な時間を使うだけなので、改善をお願いしたいところだ。個人的に、普通の紙ベースの雑誌とデジタル雑誌、どちらを買うかといえば、間違いなく紙媒体を選ぶ。デジタル雑誌は、付箋をはったり、印刷できたり、検索できたりと一通りのことはできるものの、PCだとやはり読みにくいのが率直な感想だ。

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://bemasterof.blog24.fc2.com/tb.php/182-b0f92817

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

kengo

Author:kengo
コンセプト:
①ブラックボックスとしてのITを解きほぐす:どんどん便利になっていくIT、便利になる反面、ブラックボックスになっているもの事実。ブラックボックス化しつつあるITを解きほぐしていきます。

②エンジニアのためのファイナンス:ファイナンスは企業全体を見るツールとしてとても重要。企業そしてビジネス全体をどう見ていくか、そんな情報を提供します。

③映画・書評:IT・ビジネス系の書評、見た映画についてつづっていきます。

メールはこちらまで




Disclaimer
このBlogは長橋賢吾の個人的な考えを掲載したものであり、長橋賢吾が所属ないし関係する機関、組織、グループ等の意見を反映したものでありません。

MicroAd

FC2アフィリエイト

旅ポケドットコム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセス解析

reviewplus

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。