Entries

「COURRier Japon 11月号」

レビュープラスさんから「COURRier Japon 11月号」をご献本いただきました。

レビュープラスの登録は、下記からできます。
レビュープラス




正直、これはレビューが難しい。特集・記事そのものはディープに掘り下げているのだけど、その結果、自分の身近に落ちてこない。

たとえば、p104の「The Rage Over Goladman Sachs 情報操作でたくみに儲けるゴールドマンの”錬金術とは”」がその典型例。自分はアナリストの経験があるので、ここでの前提は痛いほどよくわかるが、この前提はおそらくその業界に身を置いた人間じゃないとわからないと思う。個人投資家からみれば、なぜ株価で情報操作ができるのか、不思議に思うだろう。ちなみに、この抜けている前提は、アナリストは上場会社の将来の利益予想をする、その利益予想と株価とはリンクしていると考えていて、現在の株価が将来の利益予想から算出される株価より低い場合は買い、高い場合は売りという格付け(レーティング)をする、そして、そのレーティングの変更によって、株価が動くことがしばしばある、そして、それを”錬金術”に使っていると。

政治(鳩山政権を世界が採点)、環境(サステナブルな文明へ 森と地球の未来)、経済(GS)、の3本立てになっていて、前述のように、記事はすごくディープなところまで掘り下げている。ただ、この3つを本当に理解できる人は少ないと思う(すくなくとも自分は政治・経済は理解できたけど、バックグラウンドを良く知らない環境の本質が理解できなかった)。

もしかしたら、こういうバックグラウンドをきちんと理解しているインテリ向けの雑誌なのかもしれない、ただし、それを理解している人はそれほど多くないと思う。というわけで、もう少し、環境、経済、政治の背景をもう少し理解させてもらえるイントロ・コラムなどがあってもいいと思いました。



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://bemasterof.blog24.fc2.com/tb.php/185-91a23aeb

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

kengo

Author:kengo
コンセプト:
①ブラックボックスとしてのITを解きほぐす:どんどん便利になっていくIT、便利になる反面、ブラックボックスになっているもの事実。ブラックボックス化しつつあるITを解きほぐしていきます。

②エンジニアのためのファイナンス:ファイナンスは企業全体を見るツールとしてとても重要。企業そしてビジネス全体をどう見ていくか、そんな情報を提供します。

③映画・書評:IT・ビジネス系の書評、見た映画についてつづっていきます。

メールはこちらまで




Disclaimer
このBlogは長橋賢吾の個人的な考えを掲載したものであり、長橋賢吾が所属ないし関係する機関、組織、グループ等の意見を反映したものでありません。

MicroAd

FC2アフィリエイト

旅ポケドットコム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセス解析

reviewplus