FC2ブログ

Entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://bemasterof.blog24.fc2.com/tb.php/195-8ec9a64b

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Google日本語入力を使ってみた

 まわりから”かなり良い”という評判だったので、さっそくGoogle日本語入力を使ってみた。これもGoogle日本語入力で書いてます。

 結論からいえば、いままでMS-IMEを使っていただけど、変換レベルはそれほど変わらない。むしろ、携帯についている補完機能が充実している。Google検索窓の補完検索をIMEに応用したといったところか、これはこれで快適というのが自分の感触。

 日本語入力まで出したGoogleは今後どの方向に向かうか、ということを考えてみた。そのなかで、ヒントになったがの、前に村井さんがおっしゃっていた”ブラウザ=俺”ということ。結局、いまはメールアドレスもパスワードも全部ブラウザが覚えてくれている。いってみれば、インターネット上で人間を抽象化したものが、ブラウザということだ。

 ひるがえって、Googleは”ブラウザ=俺”をさらに加速しているようにみえる。たとえば、Google日本語入力、これは誤変換のデータを学習して、さらに、”俺仕様”にしてくれる。もちろん、日本語入力だけではない、検索もそうだし、メール・カレンダーも同じだ。

 これは良い面と悪い面があると思う。良い面は、Googleによって”ブラウザ=俺”の粒度があがり、インターネット上でのコミュニケーションの質が向上することだ。たとえば、自分は1996年からインターネットをつかっているけど、13年前のインターネットは、メールと日本の新着情報(NTTのWEBサイト)が閲覧できるくらいで、コミュニケーションの幅は狭かった。ところが、今になってみると、何でもインターネットで完結できてしまう。これはGoogleの貢献なしにはなしえなかった、と言っていい。

 悪い面は、やはり、”ブラウザ=俺”はGoogleなくしてありえないこと。マイクロソフトなくしていまのPCはありえないが、Googleなくしてインターネットがありえない、ということが今後さらに加速するとおもう。この延長線上でかつてマイクロソフトがヨーロッパで苦しんだ独禁法にひっかかるということも可能性としては考えられるだろう。

 ”ブラウザ=俺”化を加速するGoogle、今後ますます目が離せないです。

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://bemasterof.blog24.fc2.com/tb.php/195-8ec9a64b

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

kengo

Author:kengo
コンセプト:
①ブラックボックスとしてのITを解きほぐす:どんどん便利になっていくIT、便利になる反面、ブラックボックスになっているもの事実。ブラックボックス化しつつあるITを解きほぐしていきます。

②エンジニアのためのファイナンス:ファイナンスは企業全体を見るツールとしてとても重要。企業そしてビジネス全体をどう見ていくか、そんな情報を提供します。

③映画・書評:IT・ビジネス系の書評、見た映画についてつづっていきます。

メールはこちらまで




Disclaimer
このBlogは長橋賢吾の個人的な考えを掲載したものであり、長橋賢吾が所属ないし関係する機関、組織、グループ等の意見を反映したものでありません。

MicroAd

FC2アフィリエイト

旅ポケドットコム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセス解析

reviewplus

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。