FC2ブログ

Entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://bemasterof.blog24.fc2.com/tb.php/206-266a0b34

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Googleの全貌【書評】

なぜ、Googleが携帯電話を販売するのか?

なぜ、Googleは、ブロードバンド事業に進出するのか?


Googleといえば、”検索”をメインとする会社であることは、誰でも知っているだろう。でも、なぜ、携帯電話を売ったり、ブロードバンド事業に進出するのはなぜか?ということに対しては、なかなか応えられないのではないか。

本書では、こう指摘する(p15)


最新ではWebとネットの「空中戦」だけではなく、現実世界を舞台にした「地上戦」にも進出。さながら「情報コングロマリット」の様相を見せ始めた。



Googleは単なる検索サービスの会社から”情報コングロマリット”に進化する過程にある、というのが本書のあらましだ。


Googleが情報コングロマリットになると何が変わるか?本書では、こう締めくくる(p227)。


サービスや製品を有料で売る世界で戦ってきた既存のIT企業にとってグーグルは不気味に映る。「世界中の情報を整理する」ことを目指し、「悪になるな」を社是とする。この経営方針は有名だが、この方針にそって動く同社のIT関連の振舞いは、IT業界の既存秩序からすると異端そのものだ。サービスは無料化格安で、それ自体で儲けるつもりはない。



つまり、GoogleはいままでITベンダーが高い値段で提供してきたサービスを限りなくタダで提供すると。

ユーザにとっては、これほどうれしいことはない、いままでお金を払ってきたものがタダになるのだから。
たとえば、昔、ISPにメール使用料を払っていたときがあったけど、Gmailは、有料版もあるけど、原則タダだ。

一方、同じサービスを提供しているITベンダーにとってはたまらない。なにせ、いままでお金をとって
提供してきたサービスがGoogleがタダで提供するからだ。たとえば、今月のIT Leadersで取り上げた
サイボウズ、この会社はGoogleカレンダーの影響を少なからず受けている。


では、どうすべきか?

結局のところノウハウというところに行きつくと思う。昔から、システム開発会社はいらないと言われ続けて
きたけど、つぶれないのはやはり、ノウハウをもっているから。たとえば、Googleが証券システムを作れるか
といってもできない。長年の積み重ねがあって初めて可能になるものだ。というわけで、過度にGoogleに
おびえる必要もなく、過度にGoogleを評価する必要もない、というのが、この本を読んでの自分の印象だ。

でも、Googleはこれからどこに向かうか、これを概観するにはお薦めです。


Googleの全貌Googleの全貌
(2009/12/10)
日経コンピュータ

商品詳細を見る
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://bemasterof.blog24.fc2.com/tb.php/206-266a0b34

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

kengo

Author:kengo
コンセプト:
①ブラックボックスとしてのITを解きほぐす:どんどん便利になっていくIT、便利になる反面、ブラックボックスになっているもの事実。ブラックボックス化しつつあるITを解きほぐしていきます。

②エンジニアのためのファイナンス:ファイナンスは企業全体を見るツールとしてとても重要。企業そしてビジネス全体をどう見ていくか、そんな情報を提供します。

③映画・書評:IT・ビジネス系の書評、見た映画についてつづっていきます。

メールはこちらまで




Disclaimer
このBlogは長橋賢吾の個人的な考えを掲載したものであり、長橋賢吾が所属ないし関係する機関、組織、グループ等の意見を反映したものでありません。

MicroAd

FC2アフィリエイト

旅ポケドットコム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセス解析

reviewplus

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。