FC2ブログ

Entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://bemasterof.blog24.fc2.com/tb.php/293-3f57a01a

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

なぜ年収3000万円の男はセンスにこだわるのか?



レビュープラスさんよりご献本いただきました。ありがとうございました。

なぜ年収3000万円の男はセンスにこだわるのか?

筆者は、こう指摘する。

「センス」のある人は、ひとりよがりでもナルシストでもありません。むしろ、人をいかに快適にするかという気持ちが旺盛ですし、そのために自分を身ぎれいにしています p7



人を快適にさせるためのセンスを持つ人、それがエクゼクティブという。

そして、そのエクゼクティブのセンスについて、

・第1章 立ち振る舞いと身だしなみは、「余裕・大人・素敵」がキーワード
・第2章 人間関係は「間」が命 会話も「間」が勝負
・第3章 「食」を制する男は「仕事」を征する

3章にわたって、46のセンスを説く。

いずれもなるほどなあ、と思わせることが多い。

たとえば、セクション9 チェックアウト前に掃除をする人は出世する(p52) は、故船井幸雄氏も同様の指摘をしている。そして、本書ではこう指摘する、「出世する人は、誰も観ていないときでも丁寧、終始、態度が変わらないのです。(p55)

自分もその昔、外資証券会社に入社した時の研修で、どんな人にも同じ態度で接するべし、と習って、そのときはピンとこなかったけど、今にして思えば、たしかになあという気がしました。

という意味で、本書は、当たり前といえば当たり前のことを指摘しているのだけど、それを当たり前に”行動”に移すのが難しい、それができるのが、本書の”エクゼクティブ”であり、いろいろ気付きがある本です。

個人的におもうのは、年収はそれほど関係ない気もする、たしかに、年収が多い方がステータスが高いかもしれないけど、やっぱり年収はフロー(1年単位)であり、それを継続、もしくは、ストックが重要な気もしました。




この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://bemasterof.blog24.fc2.com/tb.php/293-3f57a01a

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

kengo

Author:kengo
コンセプト:
①ブラックボックスとしてのITを解きほぐす:どんどん便利になっていくIT、便利になる反面、ブラックボックスになっているもの事実。ブラックボックス化しつつあるITを解きほぐしていきます。

②エンジニアのためのファイナンス:ファイナンスは企業全体を見るツールとしてとても重要。企業そしてビジネス全体をどう見ていくか、そんな情報を提供します。

③映画・書評:IT・ビジネス系の書評、見た映画についてつづっていきます。

メールはこちらまで




Disclaimer
このBlogは長橋賢吾の個人的な考えを掲載したものであり、長橋賢吾が所属ないし関係する機関、組織、グループ等の意見を反映したものでありません。

MicroAd

FC2アフィリエイト

旅ポケドットコム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセス解析

reviewplus

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。