FC2ブログ

Entries

ターゲット ゴディバはなぜ売上2倍を5年間で達成したのか?



レビュープラスさんからご献本いただきました。ありがとうございます。

「ターゲット ゴディバはなぜ売上2倍を5年間で達成したのか?」


この問いに答えるのあれば、フランス人社長たる著者が、長年の日本滞在で、そして、弓術の教えによる
「正射必中」ということになるだろう。

「正射必中」、それは、本書によれば「正しく射られた矢は必ず的に当たる」(p32)と指摘する。
正しく射られるためには、その動作たるプロセスが重要であり、そのプロセスをきっちり踏むこと、これが的に当たると指摘する。

そして、矢が的に当たることと、ビジネスで顧客のニーズをつかむこと、これは同じであり、それがゴディバの成功要因であると筆者は指摘する。

そのなかで、自分がなるほどなあと思ったのが、筆者の成功体験はリピートできない(p50)。
その考え方は弓道の「一射一射」であり、「一回ごとの射を大切にしなさい」という意味であり、一期一会に近いかもしれない。
そして、そのポイントは、成功体験はリピートできないということ。たとえ、今回成功したとしても、次も成功するとは限らない。
むしろ、成功して居心地のよい「コンフォートゾーン」に入ったときこと、危ういと。
だからこそ、成功体験にしがみつくことなく、新しいステージに挑戦すべきと主張する。

これはなるほどなあと思いました。ピーター・ドラッガーは、大学で教えていた際に、学生に向かって、
常に素人で白紙からスタートから進めるべしと説いたという。その心は、何かの成功体験があるとそれにしがみついてしまう。
だからこそ、素人で白紙の状態から、常識を疑う、これが重要であると。筆者の説く成功体験はリピートできないというのも、この考え方に近いかもしれない。

本書は、こうした弓道とビジネスを起点として20のエピソードからなり、ここでは一部しか紹介できないけど、
一話一話とても響くものがあり、とても勉強になりました。



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://bemasterof.blog24.fc2.com/tb.php/300-ada09751

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

kengo

Author:kengo
コンセプト:
①ブラックボックスとしてのITを解きほぐす:どんどん便利になっていくIT、便利になる反面、ブラックボックスになっているもの事実。ブラックボックス化しつつあるITを解きほぐしていきます。

②エンジニアのためのファイナンス:ファイナンスは企業全体を見るツールとしてとても重要。企業そしてビジネス全体をどう見ていくか、そんな情報を提供します。

③映画・書評:IT・ビジネス系の書評、見た映画についてつづっていきます。

メールはこちらまで




Disclaimer
このBlogは長橋賢吾の個人的な考えを掲載したものであり、長橋賢吾が所属ないし関係する機関、組織、グループ等の意見を反映したものでありません。

MicroAd

FC2アフィリエイト

旅ポケドットコム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセス解析

reviewplus